西願寺で行うお葬式(家族葬)

■西願寺でお葬式ができます

お葬式というと葬儀社の勧めもあり公営・民営の葬儀会館で葬儀を行い、葬儀会場に住職を招き読経してもらうという方が多いと思いますが、新しくなった西願寺でも本堂・客間を利用し葬儀が行えることをご存知でしょうか。

お寺で葬儀を行うことは「寺院葬」とも呼ばれます。

西願寺の本堂・客間を利用するので、葬儀は浄土真宗本願寺派の作法により西願寺住職が執り行いますので、他のお寺から僧侶を招くということは出来ません。

西願寺で葬儀を行うには、西願寺の「門徒」であること、葬儀を縁に門徒になっていただく方が大前提です。(もしくは、普段から西願寺との縁があり面識のある方で、西願寺住職によるお勤めを希望される方)

葬儀希望日に本堂・客間や住職の都合があいているか等いくつか条件がある場合がありますが、西願寺の本堂・客間を利用する場合、通常のお葬式より費用を低価格に抑えることができます。

■このような方が寺院葬に向いている

・家族、親戚のみで葬儀を行いたいと考える人

・少人数で葬儀を行いたいと考えている人(30人まで)※コロナ禍においては16人まで

・西願寺の門徒または西願寺に所縁のある人

・葬儀に費用をかけられない、かけたくない人

■西願寺で行う家族葬の流れ

1.お迎え(ご家族が病院でお亡くなりになられた場合)

ご臨終後、まずは西願寺にご一報ください。

葬儀社が病院よりご遺体を安置場所まで搬送します。

2.ご安置

一旦、ご遺体を自宅か葬儀社の安置場へ安置します。

この間に、西願寺や葬儀社と日程などの相談をします。

3.納棺

ご遺体を納棺し、西願寺に搬送します。

4,通夜

西願寺で通夜を執り行います。(宿泊はできません)

5.葬儀

通夜の翌日、そのまま西願寺で葬儀を執り行います。

6.繰り上げ初七日法要

本来は命日の七日後に執り行われる初七日法要ですが、近年では繰り上げて行われるのが一般的です。

7.出棺

ご遺体を出棺して火葬場へ向かいます。

8.火葬

火葬を執り行います。収骨後、帰宅します。                IMG_9332 (1).jpg

■葬儀をするためには、事前の準備が大切です。

西願寺まで、お気軽にご相談ください。☎0480-24-1555

今日の予定