門徒推進員だより №11・№12 (9月11日更新)

   門徒推進員だより №11

深法:「西願寺の蓮の花」が暑さと湿度で曲がっていたけど、

    坊守さんが針金を使ってうまくメンテナンスして下さったわよ。

    しゃんとした立ち姿に戻っているわ。

      IMG_0731.jpg

威徳:それは良かった。最近の気候は、植物だけでなくドライフラワーにも厳しいんだね。

            うちの鉢植えの植物も、暑さと直射日光でしおれてしまったものね。

                 土をほぐして日陰において、ようやく元気回復したかな。

         深法:そう。なんでも日頃のメンテナンスが大切よ。そのためには、日々の観察も大切よ。

威徳:このところの暑さで人間もバテバテ。メンテナンスがいるね。

深法:もちろん。身体は目に見えるけど、心は見えないでしょう。

                  特に、心のメンテナンスには気をつけないといけないと思うんだぁ。

                  心がかたいと発想もカチカチ、発言もトゲトゲしてくるからねぇ。

威徳:深法さんは、心のメンテナンスどうしているの。

深法:お寺にお参りして阿弥陀さまのお話を聞くこと。

                 疲れたり固くなったりした心が柔らかくなるの。

                 お寺のお仕事のお手伝いをさせて頂くのもいいかな。

               「楽しくないとお寺じゃない!!」と、坊守さんがよく言われるでしょ。

                今は、10月に予定されている新本堂庫裏落慶法要を楽しみにしているの。

               人生で一度遇えるかどうかの法要でしょう。もうワクワクよ。

 

                                  写真1.jpg

威徳:なるほど。そういう風に感じているのか。

                あなたの心にはいつも阿弥陀さま。それが深法さんの心のメンテナンスの秘訣だね。

                世の中は、人との付き合い、お金のこと、仕事のこと、健康のことなど...

                ストレスのもとが尽きないし。僕も、心のメンテナスを見習いまーす。

      深法:威徳さんも、心がカチカチにならないように、

              西願寺さんの法話会で、心のメンテナンスをして下さい。

    だから、「ほのぼの法話会」と言うのだと思うわ。住職さん、坊守さん、いつもありがとうございます。

 

                  写真2.jpg

威徳:今年の盂蘭盆会法要は、緊急事態宣言の中だったけど、

          住職さんと坊守さんのダブルご法話ありがたかったです。

          和顔愛語(わげんあいご)、幸せのおすそ分けで心がほぐれました。なんまんだぶ。

深法:心いっぱいに「楽しい、うれしい、ありがたい」をいただいて、

          フワフワのお布団みたいになっちゃったわ。なんまんだぶ。

 

坊守:素敵なお写真をアップしていただきありがとうございます。

   とても、癒されます!(^^)!

   み仏に抱かれているわたしたちです。

   悲しい事ばかりが「お寺」ではありません。

   楽しい「お寺」の時も必要です。

   悲しいことも嬉しいことも楽しいことも・・・なんでも

   お寺で分かち遇えることが坊守の願いです。

   ようこそ、ようこそ西願寺へ

                     IMG_0674.jpg

 

 

   門徒推進員だより №12

威徳:本願寺新報に連研(門徒推進員養成連続研修会)のすすめの教材の記事が載っているよ。

   補助教材としてDVD「れんけんに行ってみよう!」が全国の教務所に配付されるそうだよ。

   あのDVDだよね。私たちが出ている・・・。

 

            写真1DVD.jpg

 深法:あー、あれね。1年前だっだよね。

    ご本山の門信徒教化部の方に、「連研PRの動画を1分くらいで作ってくれない?」とのご依頼を受けたやつ。

    気軽にお受けしたものの、難しかったよね。

    一度送ったものの、「言いたいことは分かるけど、表情硬すぎ」って、

    アドバイスを頂いて、全部で15回くらい撮ったよね。

    「好きにやって」と言ってくださったけど、何もないところから、

    伝えたいことを言葉で表現するのって難しかったなぁ。このページの原稿を作るのも、何度も書き直すものね。

    ご法話を考える僧侶さんは、すごいなーと改めて思いました。

 威徳:あのね、深法さん。私たちの動画は二人で1分。ご法話は、もっと長いんだから、次元が違うよ。

    それと、私たちが連研に行ったのは、住職さんが勧めて下さったから。

    それがご縁となって、今回、ご本山のDVDに出させて頂いたんだから、ありがたいことだね。なんまんだぶ。

           写真2あなたの周り.jpg

           坊守:とても緊張なさっていることが、DVDからも伝わってきました。

              西願寺のアイドルがテレビに映ったように

              登場シーンにに拍手、終わったら拍手をしていまいました👏👏

 深法:確かに・・・。私たちの部分は別として、とてもステキな内容のDVDになったね。

    これを見て、連研や中央教修に行きたい‼、と思って下さる方が出てきたらいいね。

 威徳:自分が連研に参加しているときは、なんとなく流れていっていたけど、

         今回のDVDの解説や出演者の話を聞いて、

   「そういうことだったのかぁ」と思うことがいろいろありました。

    お焼香の作法、お勤めの仕方、金封の書き方から始まって、お念仏のある生活とは・・・。

            写真3み教え.jpg

 深法:これから参加する人には、連研のイメージを持って頂くのに役立つと思うわ。

    それに、既に参加された方にも、もう一度連研のことを思い出して頂けるんじゃないかしら。

    そのときは分からないことでも、時間がたってから分かることってあるでしょ。

    よく「仏法にであったら、むなしく過ぎる人生がなくなる」というご法話を聞くでしょ。

    過去の出来事は変わらないけど、意味がガラッと変わるという、あれよ。

 威徳:そう言われると、普段は、今のことで喜んだり怒ったり、先のことを心配したりが多いかな。

    振り返って、ものごとを考えることはあまりないね。昨日の夕飯が何だったかも覚えてないや。

 深法:そんな細かいことはいいの。DVDにあった「生き方」、「仏さまに聞く」いうことよ。

           きっといろいろなことが見えてくると思うなぁ。

           ご葬儀のときはもちろん、普段のご法事や法要のときも大切な機会よ。

 威徳:いつもは、いろんなことに追われるように暮らしているから、

    お寺にお参りしたときは、静かにご法話を聞くようにしたいね。

                   写真4仏さま.jpg

 深法:このDVDは、「これから連研を」と思う人はもちろん、いろいろな人に見て頂けたらいいなぁ。

          仏さまやお寺についてのヒントが、いっぱいあったように思うの。

          今はコロナで連研もお休みしているところが多いようだけど、

          せっかくのDVDを見て頂けないともったいないなぁ。

          門信徒教化部の回し者のように、阿弥陀パワーで宣伝しちゃおうかな。

          なんまんだぶ なんまんだぶ。

住職:まずは、コロナが終息し、安心して「連研」が早く開催されるよう!望みます。

   

   

 

 

 

 

   

   

   

 

 

 

今日の予定