「響流(こうる)」坊守日記(9月)

2021年05月25日(火)  15:32

ラベルシールの貼られたお茶

コロナ禍により、ご法要・ご法事・会議などの後に

茶話会ができないことが残念でたまりません。

なので、こんな事にチャレンジしてみました。

①娘に住職(お父さん)のイラストを描いてもらいました。

IMG_0266.jpg 

②色を塗り、輪袈裟を加えました。

IMG_0270.jpg

③シール作成

IMG_0292.jpg

④お茶にシールを貼りました。

IMG_0282.jpg IMG_0286.jpg

 

 

  ようこそ 西願寺へ

   お念仏とともに

 

    西願寺から心を込めて

 

2021年05月25日(火)  15:04

帰ってきた「バラの花」

        IMG_6716.jpg

昨年、西願寺の建て替えのため、作庭処・大植さんに、

お預かりしていただくために、掘り出されたバラの木は、

西願寺の庭で、27年綺麗な赤い薔薇の花を咲かせていました。    

 

 

庭がない為、大きな鉢を住職と準備をして待っていました。

ついに、5月3日(憲法記念日)の午後1時41分に「バラ」がお寺に帰って来ました。

 

               IMG_0169.jpg 

         IMG_0170.jpg  IMG_0174.jpg  

         IMG_0171.jpg  IMG_0223.jpg

 

 

2021年05月06日(木)  17:51

西願寺に咲くお花

IMG_0181.jpg

ご近所の方に、いただいたお花。

昨日、咲き始めました。

雨の雫が、花びらの上に、

そして、

6枚の花びらの、3枚だけに「赤い色」。

ほほ紅(チーク)のようです。

とても綺麗なお花です。

2021年05月03日(月)  16:56

坊守日記(5月)

コロナ禍になって、1年以上が経過しました。

 

    「早く収束するといいですね!」と、ご挨拶を合わしていたわたしですが、

    最近は「いつになったら、コロナは終わるのでしょうか?」と、

    口調も荒い感じでお話しをしてしまいます。

    昨年の今ごろは、夏になって気温が上がればコロナのウイルスは減少し、

    冬にはワクチンを打ち始め、特効薬も開発されて、来年は安心して

    「オリンピック」が開催できる日本になると思っていました。

しかし、昨日、またまた、大阪・京都・兵庫・東京に「緊急事態宣言」が発令されました。

このコロナというウイルスに心が折れてしまいそうな坊守がいます。

コロナに負けないように、気分を変えようと「散歩」に行きました。

たくさんのお花が咲いていて、コロナ禍だという時間を忘れることができました。

 

新しい西願寺の本堂に、いつでもお参りしていただけるよう、

住職も坊守も体を大切にしながら過ごさせていただきます。

 

どうか皆さまもくれぐれもお体ご自愛ください。

IMG_0120.jpg

建替前の西願寺の庭に咲いていた梅の木を鉢に植え替えました。

 

根付くか心配でしたが、今年も立派に花が咲き、実も着いています。

梅酒作りに挑戦してみます。

 

 梅の花は、私たちの目の高さ位に咲いて、最後は涙のようにポロポロとこぼれていくんだよ。

だから、梅の花は、散るのではなく、こぼれるっていうんやと教えてくださったご住職のお話が、

「本願寺新報」に書いてあったことを思い出しました。

IMG_4482.jpg

 

「足利フラワーパークの藤の棚を見てみたいです」と、先日、

法話会にお参りしてくださった皆さまと会話をしたことを思い出しました。

早く堂々とお出掛けしたいです。

IMG_0124.jpg

 

坊守の小学生時代の担任の先生が青森県出身。

すずらんの苗を私たちに配ったことを思い出しました。

まだ、実家の庭にに咲いているかな~先生はご健在かな~

IMG_0121.jpg

 

 

「館林のつつじが岡公園」のつつじも満開の様子をテレビ中継で拝見しました。

西願寺付近のつつじも観光地のつつじに負けないぐらい綺麗です

IMG_0125.jpg     IMG_1481.jpg

沢山のお花と出合いました😊

 

1
今日の予定