坊守日記(5月)

2022年04月01日(金)  10:26

坊守日記(4月)

kanako.jpg「春爛漫」という言葉がピッタリな西願寺の和室の前の庭です。

建て替えの時に坊守の心中は、お花は増やさないように心がけをしようと思っていましたが、

       IMG_3218[1].JPG 

       IMG_3219[1].JPG IMG_3259[1].JPG             

【ライトアップした雪柳】IMG_3216[1].JPG IMG_3220[1].JPG 

            旧西願寺から移植した雪柳が、今年もしっかり咲いてくれました。

 ご覧の通り、増やさないどころか着実に増えていることに気がつく、お花好きの坊守がいます。

 やはり、目が出て、膨らんで、花が咲いて・・🎵のじゃんけんソングではないですが、

ひとつ、ひとつ成長していく過程(姿)がたまらなく大好きです。

 またまた、お花は増やさないって考えているのにお寺の入り口、スロープ前には、

西願寺たより「響流 (こうる)」を読んでいただくために、このような花壇を設置しました。

ある日、強風で倒れてしまいました。BVXZ4645[1].JPGIMG_3110[1].JPG

             西願寺たより「響流」はたくさんの方にお持ち帰りしていただいています。

                     ありがとうございます

 坊守は、寒く、暗くなる中、花壇を起こし、復旧作業をしていました。

すると、ご近所のKさまから「坊守、少しこの場所は斜面だから、花壇の下にドアストッパーをいれたら、

倒れないかも」と提案をいただきました。とても良いアイデアだと聞きながら「終えた~」と、

ホッとした途端に、また、強風であおられてしまい、坊守の心はボロボロになりました。

直ぐに「ドアストッパー」を買いに行き、復旧作業を開始しました。

 私の頭だけではアイデアを考えることができずに、花壇は撤去されていたかもしれません。

 現在、強風でも倒れることはありません。

 実はその日の朝、普段よりゴミ袋の数が多いのを見たご近所のKさまが「運んであげるわよー」と、

1袋、ゴミ収集場所に持参して下さいました。

    おふたりのご近所のKさまが、坊守の心を支えてくれた出来事でした。

  優しく声をかけていただけることに、深く感謝しています。「ありがとうございます」    合掌

今日の予定